非常に

悔しい思いをした。


久々に同期で集まって東京で研修をした。

売上の上がってないぼくは、なんとなく同期に会うのが億劫だった。
ただ、久々に会う研修の場なので、再会できたことを喜びあい、日頃のプレッシャーから解き放たれる場だと思っていた。

その認識が間違っていた。

普通に考えたら数字を任され、色々なお客さんにあい、それまでに起こった様々なことを共有する場なのだ。営業職で、プライドの高いもの達が集まるなら、より顕著だ。

当然、その場の主導権を握るのは売れているもの達であり、だいたいそういうやつらはトークスキルに優れたイケイケなやつらなのだ。


いじられキャラで、売上の上がっていないぼくは格好の餌食だ。


まず、「お前売れなさすぎ」という攻撃から始まり、着地点としては「お前この会社合ってない」という所にいきついた。

まるで晒し者のごとく、その攻撃は研修中ずっと続き、ぼくは完全にメンツを失ってしまった。

研修が始まったばかりのころは、「おれだって見込み客いっぱいいるし、今だけだ」と思っていた。
でも、いざ研修が始まり、ロープレや商品知識の話になると、圧倒的に差がついてしまっているのが分かり、完敗ということを認めざるを得なかった。



悔しい。このまま負けたくない。


トーク力のなさ、というのがぼくの課題であり、ひたすらそのことを痛感させられた研修だった。


地元に帰る新幹線にのるまで、丸の内でナンパをして、LINEをゲットする。
それがぼくが帰るまでの自分に課した課題である。

読者はまだ0に近いが、もしこのブログを読んでくれたかたは「はあ?なぜナンパ?」と思うのが自然であろう。

でもこれには目的がある。

トーク力のないぼくが、恐らく日本で一番ナンパに引っ掛からなそうな丸の内OLからLINEをゲットするという途方もない挑戦をし、達成することで「トーク力のなさ」という逆境に打ち克ち、自信を手にするというものである。


ボロボロに崩れた自信を取り戻し、今まで以上に自信をつけてビジネスマンとして一段上のステージに昇るためのものだ。

絶対に達成する。

残された時間はそんなにない。

早く丸の内へいかないと。