ナンパを通して世界中を照らす

タイトルの通り、ナンパを通して世の中を明るくしていこうという趣旨のブログです。「チャラい」とか「ナンパについていく女の子にはロクな子はいない」とか、マイナスなイメージを持たれがちなナンパですが、実は自分との闘いという厳しい側面をもっているし、ナンパを通して感謝されることもあります。そんな奥の深いナンパというものを通して、人々を笑顔にしていけたらなと思います!

愕然とした(((・・;)

前のブログでも触れましたが、ぼくには借金があります。

もともとクレジットカードを持ち始めてから浪費癖が止まらず、学生時代から毎月10万円近くを返済にあてていました。

社会人になって収入が増えるので、それでなんとかなると思ってた自分が甘かったです。
通勤で必要な車をもつようになり、ガソリン代や保険料でかなり持っていかれ、生命保険にも加入しました。

社会人になって収入が増えたのは友人も同じで、飲みにいくにもお店のランクが上がったり、泊まりで旅行が増えたり、またスーツなどもバカにならず支出は増える一方でした。

そんな状況にも関わらず、「まだ若いんだしいっか」と思い生活を見直そうとしませんでした。

社会人3年目のある日、知人から「リボ払いとか金利の高いのよりも、金利の低い信用金庫がいい。知り合いがいるから紹介するよ!」と言って頂き、その時は「やった!これで返済が楽になる」と喜んだものです。


それが全ての発端でした。そこでお金を借りながら生活するのをやめればよかったと、死ぬほど後悔してます。

当時は40万円ほどのクレジットカードの残高があったので、まずそれを一気に返済しました。
バカなぼくは、「うおー!!全部返済したぜ!」と舞い上がってしまいました。


それからは、どんなにお金をつかっても毎月一定の額しか引き落とされず、しかもリボ払いよりも圧倒的に金利の低いものだったので、そこから調子にのりまくり、昨日確認したら融資額は140万円ちかいものになってしまいました。


本当に愕然としました。20代後半で、こんなに借金を背負うことになるなんて小学校の卒業文集を書いていた頃からは全く想像すらできませんでした。


でも、いくら嘆いても借金を背負っている事実はけせないのです。

これからはこの借金から逃げることなく、正々堂々と立ち向かい、返済していこうと思います。