ナンパを通して世界中を照らす

タイトルの通り、ナンパを通して世の中を明るくしていこうという趣旨のブログです。「チャラい」とか「ナンパについていく女の子にはロクな子はいない」とか、マイナスなイメージを持たれがちなナンパですが、実は自分との闘いという厳しい側面をもっているし、ナンパを通して感謝されることもあります。そんな奥の深いナンパというものを通して、人々を笑顔にしていけたらなと思います!

昨日の振り返り

昨日のブログでも宣言しましたが、昨日はぼくのナンパ師人生をかけた決戦の日でした。


日本一の人口を誇る東京。
普段地元でやっている成果が出るか。必要なのは己の肉体と、これまで身につけたトークや振る舞いのみ。小細工は一切なし。


結果は






坊主








100声掛けしなきゃ引退すると宣言しておきながら、声掛けできたのも30~40人(途中までメモをとってたのですが、ケータイの電源が切れそうだったので13人くらいまでです)。



結果はさんざんなものでした。



けど、見えてきたものがいくつかあるので共有させて頂きます。

まず、東京の子はガンシカするのがデフォルトでした。

最初ほんとに反応が取れずに「おれのナンパは東京じゃ全く通用しないのか」と愕然としました。
正直もうやめたいと思いましたが、ブログで宣言したのでやめるわけにはいかず(読者のかたはいませんが)とりあえずすぐに諦めないことにしました。

無視されてても適当にいじったり質問したり、一方的にぼくが話してると、こっちを見てくれたりイヤホンを外してくれたりすることが増えました。

なので、ガンシカでもめげずに「一歩も引く気はないぜ」という豊玉戦の流川ばりのスタンス(いきなりSLAM DUNKネタすみません)で臨むと女の子も「ガンシカという第一段階はクリアできたから話だけでも聞いてやるかな」という風になるのです(笑)
そこから先はほんとのトーク力次第ですが。


また、今までこれはダメかなと自分で思い込んでやらなかったことも、やってみると意外といけました。

例えば、「ちょっと離れたとこにいる子に、走って追い付く」とか「一度認識されててもUターンする」とか。
たぶん凄腕の方は普通にやってることだとは思いますが


とにかく、結果は出なかったけど学ぶことは多かったです。


目標達成しなければ引退すると申してましたが、やっぱり続けます。

だって、ストリートナンパ楽しいもん!

東京遠征

タイトルの通り、ただいま東京は池袋に来ております!


普段のナンパの成果を試すためにも、自分で課題をかしました。

それは
「スペ高を即る」あるいは「スト値5以下の子を2即する」です。

そのための最低限の行動量は、100人に声をかける。
これは結果がどうあれ絶対にやりきります。



自分で決めたことが出来なかったとき、それはナンパ師引退というくらい、自分にプレッシャーをかけていきます。


よろしくお願いします。

自分で決めたこと

今日は仕事終わりに軽く街にでた。


最近ナンパのスキルが上がってきている。
ナンパも筋トレと同じで、サボるとどんどん下手になるし、感覚的な要素も強いのでできれば毎日行いたい。



ナンパ師って、普通のサラリーマンが多いのかもしれない。

仕事でくたくたになり、翌日も早出とかがあったりすると、とても即なんてしようとは思わない。


けど、街に出て一声かけるくらいならできますよね。


そうやって毎日できることを積み重ねてきた結果ぐんと伸びていくもの(体感済み)だと思う。


これからもなんらかの形でナンパを行っていきたい。

お知らせ

ブログのタイトルを「ナンパを通して世界中を照らす」に変更しました!



読者の方なんてまだいないと思いますが、「最初のほうの記事でビジネスやらなんやら言ってたのどうなった」というツッコミが入りそうですが、ぼくがほんとにやりたいことって何だろうと考えたときに、「ああ、ナンパだな」って思ったんです。


ナンパって、自分との闘いって側面がすごいあって。
シカトはされるわ、罵声は浴びるわ。

連れ出せても(連れ出しとは、飲み屋やカラオケなどに女の子を誘導すること)たかられて終わったり良いとこまでいってもそこから先崩せなかったり。


男としてのプライドがズタボロになることも多いけど、それ以上に得るものが多いんです。


これからはブログをちょくちょく更新していくので、そこで追々ナンパの面白さ、楽しさをお伝えできればと思いますので、よろしくお願いします!



※このブログは、ナンパをしたことがない、あるいはなかなか成果が出ずに悩んでる方に向けてのメッセージ性が強いですが、実際はぼくもまだまだです。
もし、凄腕の方やナンパ師の方で見てくださった方がいらっしゃいましたら、コメント&合流申請じゃんじゃんお待ちしております!

久々の

だいぶさぼってました。

今後は備忘録としても書いていきたいと思います。

経験しないと分からないこと

改めてですが、ぼくは営業です。

入社から間もなく1年を迎えるところで、与えられた目標に向かって毎日必死に行動してます。

四半期制ごとに目標があり、4月から始まった今季は一気に目標数字が上がりました。

自分の目標を初めて知ったとき?「こんなの無理だよ」と途方にくれたのを思い出します。

でも、やるしかないんですよね。そこから逃げることは許されない。
毎日朝早く出社して、帰りも深夜になることもしばしば。

一瞬たりとも暇な時間はなかったかと思います。



プレッシャーと闘いながら必死にやってると、時間が立つのって本当に一瞬でした。

そして、周りの方々の力添えもあり、ギリギリで目標を達成することができました。


けど、達成したことに対して「やった!」って感情はあまりありません。

もちろん嬉しいですし、安堵もしてます。


実感がまだ沸いてないだけかもしれないです。



でもなぜなのか。



ぼくは中高で野球をやってました。
甲子園を目指して白球を追ってましたといえばカッコいいですが、実際は弱小校の補欠でした。

前に勤めてた会社では、同期のみんながどんどん売上を上げていくなか、上司から「お前なんかを営業に出す訳にはいかない」と言われ、事務所の掃除や電話番などをしてました。





これまでの人生、あんまり活躍する機会がなかったんです。

振り返ってみると、自分のポジションっていうのかな。そういうのを持ったことがない人生でした。

だから、達成感って正直わからない。そういう感覚がない。

残念な人生ですよね(笑)


でも、今の会社ではポジションが与えられている。高い目標もつけてもらっている。

間もなく30歳になろうとしているこのタイミングで初めて。


ぼくにとってこんなに嬉しいことはありません。

そして日々大変なこともあったけど、目標に向かってバリバリやっている時間は本当に幸せでした。

そして、人生で初めて目標をやり遂げたという経験。

目標を達成するときって、大晦日のカウントダウンで新年を迎えた瞬間みたいにワーってなるのかと思ってたけど、そんなこと気にしてる暇もなくあっという間に過ぎていきました。

あれ?こんなものかと。

もしかしてワーってなる目標達成の瞬間もあるかもしれません。

けど、今回のぼくのケースではそういった感じではなかった。意外にあっけないものなんですね。


経験してみないと分からないことってあるなと実感した瞬間でした。


今のぼくは2日の営業日を残しながら、さらに成績を伸ばすことと、来期を視野にいれています。

なんか、次はもっと楽に達成しようとか、今季はここがダメだったから来期はこうしようとか、色んな考えが浮かんでくるし、早く試してみたい。


周りからみて順調な人って、こんな風に先を見据えて行動できるから、ずっと勝ち続けているのかな。


この年にしてようやく、新たな境地にたてた気がする。



自分でつかんだこのポジション。だれにも明け渡さないし、これまでの分を取り返すつもりで、来期以降も達成し続けようと誓った日でした。